ぽっこりお腹の解消方法

ぽっこりお腹の原因とは?

ぽっこりお腹の解消方法
ぽっこりお腹の原因としては、次の3つの要因が考えられます。

  1. 便秘
  2. むくみ
  3. 皮下脂肪

ここからは、それぞれの原因について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

@便秘

 

ぽっこりお腹の解消方法
まず、便秘が原因のぽっこりお腹の場合には、胃腸の働きが弱っていると考えられます。

 

食事の際に、食物繊維を多く取る意識を持つことも大事ですが、同時に胃腸の働きを活発化することも重要です。

 

整腸作用のあるお薬やサプリメント、腸内環境を整え、腸内フローラを正常化するビオフェルミンの服用などをおすすめします。

 

Aむくみ

 

ぽっこりお腹の解消方法
むくみは、手足や顔に出やすいものですが、お腹にもむくみは発生します。

 

むくみが原因のぽっこりお腹の場合、身体の水分代謝能力が弱っていると考えられます。

 

こまめに水分補給をし、水分が常に代謝するよう促しましょう。

 

ただし、冷水や、ガブ飲みはかえってむくみを発生する原因になってしまいます。

 

常温の水を、飲む量が偏らないようにこまめに摂取しましょう。

 

また、塩分の摂取量が多くなってもむくみは発生しますので、塩分の取りすぎに気をつけた食事も心がけましょう。

 

B皮下脂肪

 

ぽっこりお腹の解消方法
ぽっこりお腹の原因として最も多いもの・・・それは、皮下脂肪です。

 

私たちの身体に蓄積する脂肪には、大きく分けると「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類が存在しますが、このうち、指でつまめる脂肪が皮下脂肪です。

 

皮下脂肪が付く原因

 

摂取カロリーが多すぎる

摂取カロリーが消費カロリーを上回り余ってしまった場合、カロリーは脂肪へ代謝され、皮下脂肪として蓄積するため、ぽっこりお腹の原因となります。

 

皮下脂肪に代謝されるのは、エネルギー不足になったときの予備燃料として使用したり、体温を一定に保つためですが、美容的な観点で見ると、あまり有り難くない機能だと言えます(苦笑)

 

消費カロリー不足

消費カロリー不足によるぽっこりお腹の場合、考えられるのは「運動不足」と「基礎代謝能力の低下」の2点です。

 

最近、身体を動かす機会が減ってお腹がぽっこりしてきたな・・・と感じる場合には、運動不足による消費カロリー不足が疑われます。

 

一方、生活のパターンや内容、食生活が変わらないのにぽっこりお腹が目立ってきた・・・と言う場合は、基礎代謝能力の低下が疑われます。

ぽっこりお腹の解消方法・・・効果的な落とし方は?

ぽっこりお腹の解消方法
ぽっこりお腹を解消するには、原因ごとの対策が必要です。

 

まず、便秘とむくみが原因のぽっこりお腹の解消方法については前述のとおりで、比較的簡単に改善できます。

 

・・・しかし、皮下脂肪が原因のぽっこりお腹の場合は、そう簡単にはいきません。

 

と言うのは、皮下脂肪は長年の余剰カロリーの蓄積によってできるものだからです。

 

そのため、短期的に付いた脂肪とは違って、ものすごく落としにくいという特徴があります。

 

それでは、一体どのような方法が皮下脂肪のぽっこりお腹に有効なのでしょうか?

 

ここでは、4つのぽっこりお腹解消方法をご紹介します。

  1. 有酸素運動
  2. 食事制限
  3. 筋トレ
  4. マッサージ
有酸素運動

蓄積した脂肪を燃焼し、ぽっこりお腹を解消するのに最も有効なのは、有酸素運動です。

 

有酸素運動では、体内のカロリーをエネルギーとして消費し、筋肉を動かします。

 

このとき、体内のカロリーが不足すると糖質を代謝してエネルギーに変えるのですが、更に糖質も不足してエネルギー源が無くなると、次は脂肪をエネルギーに代謝して消費します。

 

つまり、脂肪を代謝する段階まで有酸素運動をすれば、蓄積した皮下脂肪を代謝し、ぽっこりお腹を解消できるんですね。

 

おすすめのサポートアイテム

ぽっこりお腹の解消方法
↑エクスレンダーの詳しい説明はこちら↑

 

エクスレンダーは、着るだけで体幹を鍛え、基礎代謝をアップする効果が期待できる加圧式燃焼ブラトップです。

 

普段使いでもOKですが、運動と組み合わせると更に高い脂肪燃焼効果が期待でき、ぽっこりお腹解消にピッタリです。

 

ただ着るだけという簡単さ、着るだけでもお腹周りが引き締まってスッキリ見える点が、一番のおすすめポイントです。

 

食事制限

食事制限は、ぽっこりお腹の元である皮下脂肪を落とすのに有効ですが、ただやみくもに食事量を減らしたり、摂取カロリー量を減らせば良いという訳ではありません。

 

食事制限で気を付けるべきポイントは、「糖質制限」にあります。

 

体内に糖質があると、身体は糖質をエネルギーに変換して消費するため、いつまで経っても脂肪が燃焼されません。

 

そのため、脂肪を効率的に燃焼するためには、摂取する糖質量を減らす糖質制限が有効です。

 

主食である米やパン、麺類など、炭水化物は全て糖質ですから、ある程度脂肪を減らせるまではしっかりとカットしましょう。

 

【糖質の多い食べ物】
ご飯、パン、ラーメン、パスタ、うどん、そば、そうめん、シリアル、春雨、お好み焼き、たこ焼きなど、穀類を用いたもの全般
糖分の多いスイーツや甘みの強い果物ももちろん糖質の多い食べ物です

 

おすすめのサポートアイテム

ぽっこりお腹の解消方法
↑カロリナ酵素プラスの詳しい説明はこちら↑

 

カロリナ酵素プラスには、食べ過ぎた脂肪を吸着して排出する成分や、食欲を抑える成分が配合されています。

 

だから、ぽっこりお腹の原因を元からカットしつつ、食事制限で最も辛い空腹感も軽減します。

 

また、生きて腸まで届く酵素がプラスされているため、腸内環境を整えて基礎代謝能力をアップする効果にも期待できます。

 

だから、カロリナ酵素プラスは食事制限にピッタリのアイテムです。

 

筋トレ

ぽっこりお腹の原因である皮下脂肪を燃焼するには、有酸素運動が効果的です。

 

しかし、同時に無酸素運動である筋トレをすることで、体の基礎代謝量を増やせるため、効率的なぽっこりお腹対策が可能になります。

 

二の腕が気になる時は腕立て伏せ…お腹周りが気になる時は腹筋…と、筋トレはどうしても部分痩せを意識しがちになると思います。

 

しかし、基礎代謝能力をアップするなら、まずは太もも、背中、お尻など、より筋繊維の太い筋肉から動かすことで、より大きな脂肪燃焼効果が望めます。

 

おすすめのサポートアイテム

ぽっこりお腹の解消方法
↑バルクアップHMBプロの詳しい説明はこちら↑

 

バルクアップHMBプロに含まれる「HMB」は、筋肉を作る際に必要な必須アミノ酸の一種です。

 

いくらハードな筋トレをしても、HMBが不足していたら筋肉は成長しません。

 

そこで、バルクアップHMBプロには、筋肉の成長に欠かせないHMBがしっかりと配合されています。

 

これにより、ぽっこりお腹とは無縁の、すっきりとしたモデル体型を目指せます。

 

マッサージ

マッサージは、血行促進効果、老廃物の代謝効果が望めます。

 

これらは、基礎代謝能力をアップするのにも有効なので、積極的に行いましょう。

 

特に、血行が良くなっている入浴時に行うと、相乗効果が得られておすすめです。